お通夜から葬儀までの流れ

お通夜から葬儀までは葬儀会社がサポートしてくれますが、故人の家族も流れを理解しておくことが大切です。

葬儀場を選ぶ時のポイントとは

電話や見学で対応をチェックする

葬儀会社によって対応の良しあしが変わってきます。値段だけて決めてしまうと、対応の悪いところや、一方的にプランを押し付ける業者を選ぶ可能性が高いので注意が必要です。電話やメールで問い合わせたときや、実際に会場に見学に行ってみて、丁寧に対応してくれるところを選びましょう。

葬儀の見積書が明瞭であるかどうか

亡くなってから通夜、葬儀までは十分な時間が取れず、段取りの話し合いやプランなどの打ち合わせがあいまいになりがちです。費用についても明確に料金を提示してもらえるところもありますし、後になって請求額が大幅に増えるところがあります。費用の明細が細かく書かれていると信頼がおけます。

式に参列する人の変化

住職

時代の流れと共に世田谷区で行うお葬式もいろいろなタイプが見られるようになりました。個人葬と言われるものでは昔から行われて来ている一般葬があり、職場関係者とか近所の方々まで幅広い人たちが参列するものでした。しかし最近では長寿になったこともあり、職場関係や近所の方々を呼ばずに、親族だけもしくは親族とごく近い友人だけと言う形で行う家族葬も盛んに行われるまでになっています。お付き合いする人の変化や老人ホームなどでの生活をする人が増えたことも、葬儀の形が変わって来た要因と考えられます。

直葬と言う式を行わない方法も

葬儀会場

大勢の人を呼ばない葬儀の形が多くなっていますが、世田谷区内では葬儀自体を行わない直葬も行われるようになっています。通夜や告別式と言った式を行わず火葬だけで済ますもので、親族もごくわずかの参列と言うことがみられる葬儀です。病院などの逝去先から直接火葬場へ行きそのまま火葬を行うもので、費用を抑えることが出来るメリットが生まれる葬儀です。但し葬儀の全てを略してしまうことになり、後に他の親族などと摩擦を起こす原因にもなりかねません。

質の良い所を選ぶ必要性

葬儀会場

世田谷区で行うことになる一般葬であれ家族葬であれお葬式を行う時には、どうしても葬儀社の力を借りる必要が出て来ます。火葬場の手配だけでなく、葬儀場の用意から細かな手配は、本職に任せる他がないと言うのが本当の所と思われます。そのため質の良い葬儀社を選ぶことがベストの方法ですが、時間が少ないこともあり喪主になられた方は判断も急ぐことになってしまいます。葬儀社選びを失敗しない方法の一つには、予め会員になっておくと言う方法もあります。

前もって決めておくことも可能

葬儀会場

前もって世田谷区内にある葬儀社を決めておくことが良い理由に、選択するための時間がたっぷりあることで、良い葬儀社選びが可能と言うことがあります。慌てて探す必要もないことから、後で失敗したと言うことにならないと思われます。また会員になることで、葬儀費用が割り引かれることが多いと言うことです。費用が嵩む可能性も大きいことから、割引があることは大きなメリットになるはずです。

広告募集中