HOME>イチオシ情報>横浜で葬儀を行うときに覚えておきたいポイント

あたたかい葬儀を行うために

葬儀を行うにあたり、遺された家族や故人がどのような式にしたいのかをよく話し合っておくことが大切です。

お葬式にも種類があります

昔から行われている一般葬

故人にゆかりのあった人達を招いて行うのが一般葬です。

会社が行う合同葬や社葬

会社の代表や社員が殉職した場合などは、会社が喪主となって合同葬や社葬が行われます。

アットホームな家族葬

故人の家族などごく近しい身内だけで行うのが家族葬です。

後日本葬を行うのが前提の密葬

亡くなったことを最初は伏せておき、ごく近しい人たちだけで葬儀を済ませ、その後本葬を行います。

通夜と告別式を一日で済ませる一日葬

通夜と葬儀は2日にかけて行うのが一般的ですが、通夜の儀式を簡略化もしくは行わずに告別式だけで済ませます。

費用を考える

数珠

葬儀にはまとまったお金が必要になります。香典のみで全て支払いをすることはできません。そこである程度どれくらいの費用が掛かるのか、ということを知っておいたほうがよいでしょう。遺族に迷惑をかけることがないように自分で葬儀資金を準備しておく、という気持ちは持っておくことが好ましいです。また地域によっても費用が異なる場合があります。横浜市内などその中でもエリアによって変わってくることがあるので注意が必要です。

準備を行っておこう

花

保険に加入をするなど逝去をした後のことまで考えているのであれば、葬儀資金の不安は解消をさせることができるかもしれません。自分が加入をしている保険で行うことができる葬儀の規模なども決めておくと良いでしょう。身の丈にあった形式を取ることも大切です。また最近では家族葬が増えてきています。横浜市内でも家族葬向きの斎場があったりするので、家族葬にした場合にはどれくらいの費用が掛かるのか、ということも調べておくとよいでしょう。一般葬にしてしまうと当然コストがかかりすぎてしまう、ということもありますし、遺族も十分なお別れの時間を取ることができない、という場合があるので、家族葬のほうが費用面以外のところでも選ばれています。

広告募集中